第101号~脳に良い言葉:「完璧」という言葉の重み~

皆さん、こんばんは。

アクティブブレイン認定講師のナカジュン♫です。

今日は、嬉しい事がありました。

その言葉のお蔭で「脳」が「プルっと」震えました。

その言葉とは

「完璧!」という言葉です。

実は、私には、二人娘がおりまして、

次女が昨年11月23日にソフトボールが鼻のあたり、

鼻骨折をしておりました。

12月6に出術をして1週間入院しておりました。

その後は、普通どうりの生活でしたが

本日、治っているか最終確認の為、病院へ行ってきました。

photo:05

まずは、10時から副鼻腔CTを撮影しました。

その後、その検査結果を聞くため、担当医師の診察を待ちました。

「綺麗に治っていたら、いいなあ・・・」とすこしドキドキしながら、待ちました。。

何故、ドキドキしたかというと、、

出術前の説明で、

「治りますが、元どうり」にはなりません。

骨の継ぎ目は、わかります。

と言われておりました。

まあ、いうなれば、骨と骨を重ねてひっつくようにするので、

継ぎ目は、できますとの事でした。

そして、診察室の呼ばれていきました。

先生、CT断層写真をみながら、

先生 : 「ひっついているね。」

      「つながっているね。」と冷静にお話。。

   

     そして、別jの角度の写真をみながら、

  

     次の瞬間

     

     「完璧!!」

    

     「完璧になおっている!」

     「珍しい。元どうり」

     と言われました。

嬉しかったです。

「完璧」!!」の言葉が、こんなに嬉しいとは。。。。。

「脳」にききました!!

「しびれました」

先生は、

「なかなかないです。こんな元どうり」

「CT撮影を見ながら、出術しないからね」

「元どうり、よかったね。」 

とオシャッテくださいました。

先生は、思わず、自分の整復の腕の良さ

「完璧」とおしゃったのだと思います。

でも、少し高揚した声での

「完璧!」は更に嬉しかったです。

私が、ひたすら、先生にお礼を申し上げて、診察室を後にしたのは言うまでもありません。

本当に「完璧!!」

しびれる言葉でした。

今日、その重みに気付きました。

今週末、ナカジュンのアクティブブレインセミナーです。

セミナー中に、トレーニングが

「完璧!」」にできた時、

「完璧!」と言います。

この重みある「完璧!」を言ってあげたいです。

「脳が震えるような体験を」

プログラムを通して、私ナカジュンを通して、

伝わるように、全力でセミナーを運営します。

photo:01




今日の嬉しさを、セミナーに活かします。

本当に、出術の時には、温かいメッセージをありがとうございました。

皆様のお蔭で「完璧!」治る事ができました!!

ナカジュンから「完璧!」と言ってほしい方は、

こちらから↓

ameblo.jp/nakajun-osaka/entry-11118138478.html




今夜も最後まで読んでくださってありがとうございます。

ブログを読んでくださっている方の夢が叶いまうように。。




ナカジュン♫2012/1/26

:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜..:。:.*.:*゜

ナカジュンから楽しく学ぶ記憶法♪↓
ameblo.jp/nakajun-osaka/entry-11118138478.html

ペタしてね




ツイートツイート