【名前覚えのコツ】唯一のチャンスを逃すな!

4e3791d6ff4ebfc13dacd77eca8d800b.jpg

中井純子(ナカジュン)です。

これから3日間シリーズで
児玉 光雄先生の「マンガでわかる記憶力の鍛え方」ソフトバンククリエイティブ株式会社から
「名前を覚える法則」をお届けいたします。

〜法則その1〜
『最初に名前を顔をたたきこもう』

初対面の人に面会したら
本題に入る前に、私はいくつかの質問をあらかじめ用意しておき、
その相手の顔を名前をたたき込みます。

まず、私は名刺を顔を見比べながら、いくつかの質問をします。

「木村さんは、この部署にこられて長いんですか?

「そういえば、前の担当者の田中さんから吉田さんのおうわさは、いろいろお聞きしていたんですが・・・・」

「確か、佐藤さんの前任の武田さんには、この件について説明しておいたんですが・・・」

なんでもいいから、席をついて
本題に入る前に、少なくとも3回、名刺と顔に視線を往復させて話しかけてみましょう。

しかも、その会話には必ず相手の名前をいれることです。

これだけで少なくと相手の名前を、確実に覚えることができるのです。

お試しくださいね。

—————

★私からあなたに質問します!

初対面の方とあったら
どのようにしますか?

★しつもんに答える ↓
nakajun.jp/facebook

このメールに返信でも
ナカジュンに感想届きます♪

———

【 ★ 編集後記(おまけ) ★ 】

今日はいつもよりかなり寒いです。

旦那さんのスタッフさん、
朝、出勤をしようとご自宅をでて
いつもと違う寒さに
お湯を湯呑一杯飲んで
温まってから、出勤してくださったそうです。

私も寒さ対策に
「お湯を飲んでいます」

いつも暖かいお湯の水筒を持ち歩いています。

寒いと思ったら
少しだけ、暖かいお湯を飲むと「ほっこり」します。

夏場より冬場に水筒は活躍しています。

みなさんもよかったら、水筒作戦どうぞ〜☆

中井純子(ナカジュン)

 
 
 
 

ツイートツイート